【セルライト除去】大辞典

セルライト除去は危険?セルライトに関する疑問を徹底解説

セルライトが痛い原因は?

calendar

reload

セルライトが痛い原因は?

知らない間についていることも多いセルライトですが、
見た目を大きく損なうだけではありません。

あまりにセルライトが多くつくと人によっては引っ張られるような痛みや
圧迫感などを感じることもあります。

セルライトは、冷えや栄養不良や運動不足などの様々な理由でめぐりが悪くなり、
本来なら排出されるはずの水分や老廃物等が脂肪細胞に取り込まれて
コラーゲン繊維と癒着して固くなった皮下脂肪です。

そんなセルライトが太ももなどの脚やおしり等にたくさん付着してしまうと、
血液はもちろんリンパ(余分な水分や老廃物を流す)の流れをせき止めて圧迫し、
痛みを引き起こす原因となってしまいます。

その状態は細い川をイメージするとわかりやすいことでしょう。

川の途中に様々なものが溜まって流れをせき止めてしまうことで、
どんどんそこにゴミやら水やらが溜まってしまい周りに悪影響を与える状態と
同じことが体の中で起こっているのです。

また、セルライトを解消するにはマッサージが有効といわれていますが、
そのマッサージを行う際にも痛いと感じることも少なくありません。

セルライトの中には神経も通っているので、冷えて凝り固まったセルライトを
力任せに揉みしだけば痛みを感じるのは当たり前ですね。

力任せに痛みを堪えてマッサージすれば
セルライトが解消されるわけではありませんし、
それでも続けることでさらにセルライトが
できやすい状態を作り出してしまうため、
間違ったマッサージを行うことはすぐにやめましょう。

触るだけでも痛い!という場合は、かなりその部分にセルライトが蓄積され、
体を圧迫しているということです。

また、マッサージするときにセルライトが痛い!アザ(内出血)ができた!
という場合は、そのやり方に問題ありということ。

どちらにしても、セルライトが痛いという場合は、
まずは無理をしないで体を温めて血行や筋肉やセルライト自体を温めてから、
優しく強すぎない程度のマッサージを行って対策するようにしましょう。

LuckyNumber 973,6