【セルライト除去】大辞典

セルライト除去は危険?セルライトに関する疑問を徹底解説

セルライトマッサージであざが?!これ大丈夫?【対策法を公開】

calendar

reload

セルライトマッサージであざが?!これ大丈夫?【対策法を公開】

ぎゃー!!!
セルライト除去してたら、
あざが出来とる・・・

自分で除去するには細心の注意が必要じゃ、
あざが出来るやり方は絶対に避けるんじゃ!

「セルライトをなくそうと思って、揉みほぐしていると・・・、あれっ?!あざが!」
あざが一箇所に出来るだけならまだしも、
あざだらけになってしまうと大変ですよね(T_T)

でも実は、こういったお悩みってよくお聞きします。

なぜセルライトマッサージであざができてしまうのでしょうか?
今回は、セルライトマッサージのあざの原因と対策についてしっかりとご説明いたします。

スポンサーリンク

あざの正体って何?

セルライトのマッサージによるあざですが、
その正体は、ズバリ・・・
「毛細血管が破れて、内出血した状態」
です。

つまり、強く揉みすぎて、内出血してあざになっているのです。
内出血しているのは、当然いい状況ではありません。
当たり前ですが、

「セルライトマッサージであざはできてはいけない」

ということがいえるでしょう。

なぜ、マッサージであざが出来るの?

上記でもご紹介したとおり、
セルライトマッサージであざができる理由はシンプル。
「マッサージが強すぎるから」
です。

強い力でマッサージをすることで、毛細血管が破れて内出血、
それがあざになってしまいます。
セルライトを除去しようと必死でマッサージをしていると、
ついつい強くなりがちです。

ですが、
あざになってしまうと1週間以上消えないことも多いので、
あざができるほど強くセルライトをマッサージするのはぜっっったい、やめましょう。

セルライトは強くマッサージしないと消えない?

上記のような説明をすると
「でも、強くマッサージしないとセルライト消えないんじゃないの?」
という疑問が湧いてきますよね。

でも、実際は、強くマッサージする必要はないんです。

そもそも、セルライトのマッサージというのは、
流れ出したセルライトをリンパに排出するための、リンパマッサージの目的で行うものです。

セルライトをつぶすのではなく、リンパに排出するのです。
ですので、その目的であれば、強く揉むよりは優しくさする方が効果的です。

あざができない「正しい」セルライトマッサージ方法

「じゃあ、どうやってマッサージするのが効果的なの?」
と思われる方もいると思いますので、
あざが出来ない「正しい」セルライトマッサージについて
足~ふくらはぎ~太ももエリアを例に、見ていきましょう。

正しいマッサージの流れ

  1. 下準備
  2. 足裏リンパマッサージ
  3. ふくらはぎ太ももリンパマッサージ
  4. 脚全体セルライトマッサージ
  5. 仕上げのリンパマッサージ

以下、詳しく解説していきます。

①下準備・まずは血行を良くする

まずはマッサージをする前に、入浴して筋肉をほぐしてあげましょう。
たかが下準備ですが、
これでマッサージの効果が何倍にもなるほど、影響力大です。
血管がこわばっている状態で力を加えると負担が非常に大きく、
あざの原因となる、血管の破裂が起きやすい状態となっています。

②足裏リンパマッサージ

いよいよマッサージ!
まずは足裏からマッサージをすることで、身体の老廃物を排出しやすい状態にします。
特に土踏まずのラインには、
老廃物の排出を促す働きのあるツボが集まっているので、集中的に押しましょう。
集中的なマッサージはアザができやすいので、
力加減には他の部位以上に注意です。
あざの最大の原因、

「強く揉みすぎる」

のを避ける為に、以下の力加減をイメージしましょう。

あざにならない力加減

  1. 首をマッサージする時程度の力
  2. すこーし痛いっ、程度の力

それでも比較的強い力を加えたい時は左右の親指でツボを押したり、
握りこぶしを作り、人差し指の関節でツボを押しましょう。

③足首から膝、太ももリンパマッサージ

足裏のマッサージが終わったら、
続いて足首から膝にかけて優しくマッサージをしましょう。
足裏はツボを刺激して老廃物の排出を促す目的がありましたが、今度はリンパ液を流すためのマッサージになります。
※どちらもリンパマッサージの仲間です。

あまり強くマッサージしてしまうと、
リンパではなく血管を刺激してしまうので、引き続きマッサージの強さについても十分に注意しましょう。
足裏から膝にかけてのマッサージについては以下のとおり。

  1. くるぶしの周囲を包み込むように優しくマッサージ。
  2. ふくらはぎに溜まっている老廃物を優しくかき集めるようにそのまま指を膝の方に動かす。
  3. 膝の裏側を包み込むようにして指を当て、引き上げるようにマッサージします。

以上ができて、
いよいよ脚から太もも全体のセルライトマッサージとなります。

④セルライトマッサージのやり方

セルライトマッサージも「強くマッサージしないと取れない」と思われがちですが
上記で説明したように、リンパに流すのが目的ですので、
強くすることに意味はなく、むしろあざができてしまうので絶対に避けましょう。
また、長くマッサージしすぎても、あざができる原因となります。
具体的には
片側の太もも、約10分ずつを目安としてマッサージしてください。

手順としては以下のとおりとなります。

  1. マッサージオイルを、人肌温度になるまで温めます。
  2. 温まったマッサージオイルを太ももやお尻など気になる部分に押し付けるように圧迫拡張します。
  3. マッサージオイルが肌になじんだら、パンをこねるように優しくつまんだり、圧力をかけたりしていきましょう。そして、冷たかった太ももが温かくなってきたら、マッサージ成功です。

なお、太ももをマッサージする時は座った状態でマッサージを行い、
お尻をマッサージする時は立ち上がった状態でマッサージをするとより効率がいいマッサージをすることができます。

⑤仕上げのリンパマッサージ

最後は、仕上げのリンパマッサージです。
足の付け根を外側から内側へマッサージし、中央部分で上に引き上げるようにして
足裏から集めた老廃物を排出します。
以上でマッサージは終了です。

自分でできるセルライト除去で簡単な方法は?

ここまで“あざのできないマッサージ方法”について見てきましたが、
自己セルライトマッサージの最大の難点は
結果が現れるまで
通常3ヶ月~半年の期間が必要です。
より短期間で効果が得たいという方は、「かっさ」などの道具を使うことで、
・短期間で除去が可能
・セルライトマッサージのしやすさの大幅アップ

が出来ます。

「かっさ」の効果【使い方解説】に詳しく書いているので、
・手でマッサージしている方
・あざに悩まされている方
は覗いてみるといいと思います。

まとめ

  1. あざの原因は強く揉み過ぎによる内出血
  2. マッサージは適切な力加減で行う
  3. マッサージは下準備と正しい流れで行う
あざにならない力加減

  1. 首をマッサージする時程度の力
  2. すこーし痛いっ、程度の力
LuckyNumber 93,016,113