【セルライト除去】大辞典

セルライト除去は危険?セルライトに関する疑問を徹底解説

太ももの内側にセルライトが・・・。その対策は?

calendar

太ももの内側に
セルライトができる場合も
あるでしょう。

では、
セルライトが
太ももの内側に
できた場合には、
どのような対策を
するといいのでしょうか?

ここでは、
セルライトの
5つの対策について
ご紹介しましょう。

太ももの内側のセルライト対策1:30分以上、午前中に歩く

1つ目の対策は、
トータル30分以上
午前中に歩くことです。

自力で
リンパ液は流れないため、
リンパ液が流れるためには
筋肉の伸縮が必要です。

リンパ液は
筋肉を動かさなければ停まるため、
老廃物も溜まってきます。

そのため、
十分に歩くことによって
セルライトが無くなってきます。

リンパ液は
眠っている間は停まりますが、
体温が維持されると
脂肪細胞は活動するので、
朝まで老廃物は溜まります。

そのため、
夜間に溜まった老廃物を
十分に流すためには、
午前中に
特に多く歩くことが必要です。

歩くのは30分以上がいい
と言われており、
歩く場合には
トータルで30分必要です。

太ももの内側のセルライト対策2:水をコップ1杯2時間ごとに飲む

2つ目のセルライト対策は、
水をコップ1杯2時間ごとに飲むことです。

人は
発汗や呼吸のために、
約コップ1杯の水を
2時間で使います。

そのため、
コップ1杯の水を
2時間ごとに飲まなければ、
水分が足りなくなり、
リンパ液の量が少なくなり、
老廃物が溜まりやすくなって、
セルライトが溜まってきます。

太ももの内側のセルライト対策3:塩分を控える

3つ目のセルライト対策は、
味付けは塩分が多いものを避けることです。

塩分が多い場合には、
塩分が脂肪細胞内で増え、
これを薄くするために
脂肪細胞にリンパ液の水を溜め込み、
老廃物が溜まるのでセルライトは増えます。

太ももの内側のセルライト対策4:5分以上湯船に浸かる

4つ目のセルライト対策は、
5分以上湯船に浸かることです。

今まで説明している通り
リンパ液を流せば、
老廃物があまり溜まらないようになります。

シャワーのみを夜間に使う場合は、
老廃物が溜まるため、
湯船に5分間は毎日浸かりましょう。

太ももの内側のセルライト対策5:脚を組まない

5つ目のセルライト対策は、
足を組まないことです。

足の全てのリンパ管が
股関節には集まっているため、
足を組めば
リンパ管が合流するところが圧迫されて
血液が流れにくくなります。

そして、
リンパ管と血管は繋がっているため、
リンパ液の流れも
血液の流れが悪くなると悪くなって、
老廃物が脂肪細胞に溜まってきます。

LuckyNumber 559,3