【セルライト除去】大辞典

セルライト除去は危険?セルライトに関する疑問を徹底解説

セルライトに塩分はNG?その理由は?

calendar

reload

セルライトに塩分はNG?その理由は?

凸凹と醜いだけでなく、一度ついてしまったらかなり落ちにくいセルライトは
女性の敵。

セルライトをなくそうとあれこれマッサージやエステなどを行っている方も
多いことでしょう。

確かに、通常の脂肪と異なり、セルライトは通常のダイエットだけでは
落ちにくいものなので、正しいマッサージやエステは
セルライト解消に効果的な方法の1つといえます。

ただ、外部からの働きかけだけでなく、内部からのセルライト解消方法も
併せて取り入れればさらに効果も倍増!

その方法というのが、「塩分を控える」というものです。

一見、セルライトと塩分とは無関係のように見えますが、
実はふか~いつながりが。

というのも、セルライトが作られる原因の一つがむくみ(浮腫)だからです。
セルライトは体内のめぐりが悪くなることで本来なら排出されるはずの
水分や老廃物等が脂肪細胞に取り込まれてコラーゲン繊維と癒着して
固くなった皮下脂肪です。

塩分の過剰摂取がむくみを招くことは広く知られていますね。

むくみが起きた場所は、血液循環が悪化して老廃物や水分などが
蓄積しやすくなるだけでなく、冷えやすくなってセルライトが
作られやすくなってしまうのです。

普段から何かと味付けの濃い料理を好む方は要注意!

その食生活や味の好みが、太ももやおなか、二の腕などを太くする
セルライトの原因になっていることも少なくありません。

そこで、普段の食生活を改善しましょう。

味付けをうすめにして減塩に取り組むと同時に、利尿作用のある
カリウムの多い食品を取り入れるのがおすすめです。

具体的には海藻類(昆布やワカメ、ひじきなど)、パセリ、
豆類(納豆や豆味噌など)、アボカド、ホウレンソウなどが
カリウムを多く含んでいます。

おやつに市販のお菓子を食べるのではなく、
ピスタチオやアーモンドなどのナッツ類や
干しブドウやプルーンやバナナなどのフルーツにするのもおすすめです。

体のあちこちにできたセルライトをこれ以上増やさないためにも、
今すぐに減塩に取り組みましょう。

LuckyNumber 312,2