【セルライト除去】大辞典

セルライト除去は危険?セルライトに関する疑問を徹底解説

太もものセルライトをコロコロローラーで除去する方法

calendar

reload

太もものセルライトをコロコロローラーで除去する方法

セルライトを除去する
マッサージの場合は、
手が届きにくいことも
あるのではないでしょうか。

特に、
太ももの裏側から
ひざ裏にかけての
ラインやヒップラインの箇所は
手がよく届かないでしょう。

マッサージを十分にしたい場合でも、
無理な体制になるので
疲れてすぐに終わり
というような場合もあるでしょう。

このような場合には、
コロコロローラーがやはりおすすめです。

コロコロローラーであれば、
マッサージを
手がよく届かない箇所でもしやすいし、
楽に力も入れなくてもケアができます。

太ももの裏側の場合には、
長めの
取っ手のタイプのコロコロローラーがおすすめです。

短めの取っ手のタイプは
広い幅の場合が多く、
最終的に手がよく届かない箇所は、
コロコロローラーでもやはり手がよく届きません。

なお、
短めの取っ手で広い幅のものは、
手がよく届く箇所を
マッサージする場合には適しているでしょう。

最近は
コロコロローラーの
非常に安いものがあります。

しかし、
ある程度
ローラーのレベルは、
価格に比例するのではないでしょうか。

特に、
非常に安い
コロコロローラーの場合で、
長い取っ手のものは
止めた方がいいでしょう。

というのは、
非常に安いものは、
樹脂でできているため
軽く、
しかも
長い取っ手の場合には
手がよく疲れるためです。

安い
コロコロローラーの場合には、
肌に触れる面が
メインは樹脂のようなものであるため、
コロコロと
肌の表面を転がしているなという程度です。

例えば、
ねじっているとか、
つまみ上げているとか、
というような感じではないため、
少し物足りないでしょう。

樹脂の場合には、
ローラーを転がすのみでは
物足りなくなって、
力をよく入れ過ぎたりします。

樹脂のコロコロローラーは、
力加減が
案外と難しいものです。

逆に、
ローラーに
重みがある程度ある方が、
力がよく入るため、
コロコロを楽にすることが可能です。

強すぎる刺激を肌に与えると、
薄い皮膚の場合は
よくアザになるため、
力加減に注意しましょう。

LuckyNumber 870,1